アラ・ハバキの「道の奥」廻り

アクセスカウンタ

zoom RSS 亘理経清の足跡

<<   作成日時 : 2017/12/10 15:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

盛岡市をはしるR4号BPが北上川をわたる手前を左折して、その左岸の道をいくと紫波町域にはいったところでふたたび二つに分岐し、右は北上川にそう道で左へ行く道は山あいをこえる旧釜石街道という。

「正音寺」という案内板が車窓からみえた。
その曹洞宗法廣山(ほうこうざん) 正音寺(しょうおんじ)には平安時代後半の木造毘沙門天立像などが安置されていて、もともとはこれからまわる赤沢地区の白山神社薬師堂に安置されていたものだという。

赤沢にある「道の駅紫波」へよると、産直センター「あかさわ」のフルーツ目当てとおもわれる車がけっこう多くきていた。ここに飾ってあった地域案内図は絵柄もきれいで史跡の位置もわかりやすい。

八掛の十字路を左に行き、赤沢小をすぎてまもなく薬師堂があったが、ここにはクルマをとめておくわずかの場所もみあたらず、けっこうな交通量もあった。

県道からのゆるやかな坂道の参道はぶどう畑のなかをいく。薬師堂のわきから小さな流れにそっていくと「伝、経清の母の墓」は、すぐ裏手の斜面にあり参道はきれいに草刈りされていた。


<道の駅「紫波」産直センターあかさわ>
画像


<赤沢地内の史跡案内板>
画像


<伝「経清母の墓所」>
画像



 新幹線ともつれるように道を南下し、北上市域から奥州市江刺区岩谷堂へはいり、盛街道から岩谷堂城址へ挑戦したが、クルマであがるには道がせまそうだったのでもどり、「藤原の里南口」の看板から向山公園へあがり夢乃橋をわたって城址のある舘山史跡公園へたどりついた。

 夢乃橋の北に「えさし藤原の里」が眼下にみえ、反対がわには岩谷堂中心街さらにとおく奥羽山系がみえる。
公園の中心をなしていたのは「藤原氏御館跡」で

−この地は古来御館山とよばれ、平安時代末期、藤原経清とその子藤原清衡父子の居住した砦館の跡とも伝えられ、大規模な土塁や城砦の遺構と堀の一部が現存している。(後略)−

と説明板にあった。
公園をおりて人首(ひとかべ)川に沿うようにしてR456を南にいくと餅田地内の高台に豊田館はそれとわかるように幟がはためいていた。整備され見晴らしもいい。
「豊田館について」の説明は

−豊田館は、亘理権太夫藤原経清(と?)その子清衡(平泉藤原氏初代)の館であった。経清は(略)初め宮城県亘理地方を支配する国府の官人であったが、のちに(略)豊田館に住まいした。後略−

とあり、末尾に

−安永三年(1774)銘の石碑に、ここが藤原経清、清衡父子の館跡であり、付近に舟橋の地名や、高水寺跡、延喜式内の鎮岡神社、白旗の池がある、ときざまれている。−

とあって、古くなって改める予定だろう餅田地区史跡案内板にはこまやかに史跡が記されていた。

ここから五位塚墳丘群までは1kmぐらいの小さな森の中にあり、きれいに整備がいきとどいた参道入り口にも幟がたっていた。
森の中の道は静かで自分の足がたてる音におどろくほどだったが、五位塚については

−この墳丘群は、古くから五位塚と呼ばれ、平泉藤原氏初代清衡公の父藤原経清と、その一族一党の墳墓と伝えられている。(後略)−

と説明されていた。

<館山史跡公園>
画像


<豊田城址碑説明文>
画像


<古い餅田史跡案内図>
画像



R4号線仙台BPをふくめ長い距離を走ったので、阿武隈川をわたってからとりあえずクルマを停められる場所として亘理公園で休憩し、そのあとまずは中心部にある城跡公園へいく。
やや高台ではあったが見晴らしはよくなく、ふたたび亘理公園もどってこんどは鹿島天足(あまたらし)和気神社とその裏手にあたる北鹿島から愛宕山方面へぬけてみた。

亘理郡在住時の経清は、『大鳥城記』(菅野円蔵、飯坂町史跡保存会1970年)では

−曰理(わたり、現宮城県亘理郡)の鹿島神社(現亘理町逢隈字鹿島)付近に居を構え、荘園経営を行うと同時に交通の要衝を支配し関所に金銀山米銭寺という寺社を建立し、そこを通過するものから交通税を課し財力を蓄えていた。−

とされている。

鹿島天足和気神社の境内にあった由緒には経清の名はなく、ただ伊達氏との関連が記されていた。
小さな峠をこえていく北鹿島から神宮寺、鍋倉あたりはリンゴ畑がひろがるひなびた農村地帯でたまにすれちがうダンプトラックが風景にそぐわないようにみえた。愛宕山への道はすこしあがるとクルマ止めのゲートがある。

古墳時代や平安期の集落跡が発掘された宮前遺跡のある吉田地区は亘理町の南部にある。
吉田小を目安にむかうと長井戸古墳群の案内板があり、そのさきのせまい道で住宅地を上っていくと吉田小の正門前に出た。赤前遺跡の標示柱を撮ってさらに北がわにまわると河原囲横穴群がある。こう遺跡がそろうと古代亘理地方での中心地だった様相にもみえる。


<亘理町歩き図>
画像


<鹿島天足和気神社>
画像


<宮前遺跡標柱>
画像



古代亘理郡の官衙跡とされる三十三間堂遺跡がある逢隈駅にむかった。こんどは駅とその後背の丘陵が遺跡なのでまようことなくたどりつくと、大きな看板が立てられてあった。
駅裏にまわりやや急な坂道をあがるとそこは墓地だった。

その入り口付近で町職員とおもわれる三名が説明板をていねいに清掃していた。うち一人の女性が「ありがとうございます」と声をかけてくれた。さらに史跡は「草がぼうぼうです」という。
 ここは下郡地区の共同墓地とのことで新旧の墓が整頓して並んでいた。南と北の二地区ともそれは同様で今後の史跡整備ではまた移動もありえるらしい。

地区をわける沢をこえて北地区にいくと郡庁跡からはとおく太平洋ものぞめた。ただ、他の史跡とちがってなぜか斜面状になっている。ふたたび沢をくだってあがり礎石がならぶ南地区をまわると、新興住宅団地がすぐそばまできていた。クルマにもどると清掃がおわったらしく、さっきの女性が声をかけてくれたのですこしばかり史跡についての話をし、問われたので青森からと答えるとおどろいていた。


<亘理駅と三十三間堂遺跡>
画像


<遺跡北地区から>
画像


<遺跡南地区の礎石>
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
亘理経清の足跡 アラ・ハバキの「道の奥」廻り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる