アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
アラ・ハバキの「道の奥」廻り
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
清衡、平泉を宿館と為す
清衡、平泉を宿館と為す 後三年合戦(1083〜87)が終わった寛治元年(1087)からの10数年間、藤原清衡とその周辺の出来事を追うと ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/12 11:13
衣の関と衣川
衣の関と衣川 清少納言(康保3年頃〜万寿2年頃(966〜1025))の枕草子「関は・・・」に −関は逢坂(おうさか)、須磨の関。鈴鹿の関。岫田(くきた)の関。白河の関。衣の関。− ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/11 14:20
“いわき“を訪ねて
“いわき“を訪ねて 勿来町の北からR6号線は蛭田(びんた)川と鮫川の二つの川をわたって常磐バイパスとなり、藤原川をこえるとまもなくR49号線平バイパスと分岐した。朝方も夕方もはしったが立体交差となっているためクルマが渋滞となることもなく快適な道路だった。 そのいわきサンシャインロードから県道241号線へおりて滑津(なめづ)川にそって下流へむかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/28 15:35
勿来の関から
勿来の関から まだ早い時間だと思ったが、勿来の関公園の駐車場にはクルマが3台もいた。 義家像に迎えられて詩歌の古道をあがっていくと、この高さなら広々とした太平洋がながめられるだろうと期待していたが木々のあいだからわずかに覗くだけだった。 まもなく頂上についたが意外とひろく奥に文学歴史館がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/27 18:48
阿武隈川に沿って白河へ
阿武隈川に沿って白河へ 峠をこえて会津へむかったR118号線を須賀川から南へ石川町までむかうと、須賀川牡丹園まえをすぎてまもなく乙字の滝のある乙字大橋で阿武隈(あぶくま)川をわたった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/25 15:50
会津へ、峠を越えて
会津へ、峠を越えて 須賀川市街地から旧長沼村内をとおると、会津若松へ向かう道が二本ある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/22 19:55
須賀川市からー古代岩瀬郡
須賀川市からー古代岩瀬郡 岩手日報紙に、2006年1月から2008年6月まで57回にわたって連載された「平泉への道」の第46回「押領使」の結びは ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/21 15:30
豊田館から平泉へ
豊田館から平泉へ 清衡が居館を「豊田館」から磐井郡内に移したことについては、「吾妻鏡」(文治5年9月23日条)が ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/19 09:47
経清を弔う中尊寺「白符忌」
経清を弔う中尊寺「白符忌」 平泉の中尊寺では、毎年9月17日に亘理権太夫藤原経清の菩提を弔うための「白符忌」という法要が行われているという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/17 15:18
亘理経清の足跡
亘理経清の足跡 盛岡市をはしるR4号BPが北上川をわたる手前を左折して、その左岸の道をいくと紫波町域にはいったところでふたたび二つに分岐し、右は北上川にそう道で左へ行く道は山あいをこえる旧釜石街道という。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/10 15:41
やまがた、山の辺の道
やまがた、山の辺の道 寒河江市を流れる最上川の左岸に落衣(おとも)長者屋敷跡という平安期の集落跡から中世の城館跡の遺跡がある。 “おとも“は、また落裳とも書いて羽衣伝説をあらわすといい、伝承として郡司小野良実と小町の名がのこっている。 この地は出羽三山参詣や庄内地方への六十里越街道の宿場として栄えたともいわれ、最上川の渡し場を“牛前河岸の渡し場”といった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/08 12:21
置賜周辺と平泉伝承
置賜周辺と平泉伝承 <置賜周辺史跡関連地図> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/06 16:48
最上川の流域 A
最上川の流域 A 村山市周辺にある“最上川三難所”の碁点・三ヶ瀬・隼。 碁点の右岸にある河島山は、村山市街からながれる大旦川が最上川に合流する地点にある。200mにとどかない高さながらもそのすがたは遠くからでも独立して見分けられる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/05 11:22
最上川の流域 @
最上川の流域 @ 市女笠をモチーフにした建物が特徴の道の駅おがち「小町の郷」は、昼どきとあって多くのクルマが駐車していてけっこう遠くのナンバーもみかけた。 市女笠はもともと市場で行商する女性−市女−が用いたものだが、平安中期以降多くの人にひろまったという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/03 11:35
もりおか周辺の平安末期A
もりおか周辺の平安末期A 岩手県の埋蔵文化財調査報告書「向中野館跡・小幅遺跡・台太郎遺跡」のなかに ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/01 11:01
もりおか周辺の平安末期
もりおか周辺の平安末期 康平5年(1062年)9月17日に安倍氏の拠点である厨川柵が落ちてから、そのおなじ厨川柵に平泉追討の鎌倉軍が七日間本陣をおいた文治五年(1189)9月11日までのあいだ、盛岡市近辺の歴史はしずかな時間がとおりすぎた印象がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/30 16:07
義空上人の伝承から
京・西陣にある大報恩寺について「平泉雑記」(安永9年(1780)相原友直著)は ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/22 10:22
仙北の平泉伝承
仙北の平泉伝承 復元された横手城は高台にあって遠くからでもよくみえる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/19 11:59
はて知らずの記−湯田温泉郷湯本温泉にて
はて知らずの記−湯田温泉郷湯本温泉にて 西和賀町湯田温泉郷湯本温泉の中心部には、その湯本温泉名の下に『山の温泉(ゆ)や裸の上の天の河・俳聖子規曾遊の地』と書かれた大きな看板が通りの上に横たわっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/15 10:42
出羽・海辺庄とその周辺
出羽・海辺庄とその周辺 由利本荘市やにかほ市の史跡を訪ねながら県境をこえて、いよいよ遊佐(ゆざ)町にはいった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/12 12:57

続きを見る

トップへ

月別リンク

アラ・ハバキの「道の奥」廻り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる