アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
アラ・ハバキの「道の奥」廻り
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
緑釉陶器が来た道、払田柵から日本海へ
緑釉陶器が来た道、払田柵から日本海へ 野辺地二十平(1)遺跡/10c/近江産、 三沢市平畑(1)遺跡/10c前〜10c後半/京郊外篠窯産、 八戸市熊野堂遺跡/10c後半〜11c/近江産 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/19 13:04
緑釉陶器の来た道、近江の窯跡
緑釉陶器の来た道、近江の窯跡  緑釉陶器とは、緑色の釉薬(うわぐすり)をかけて焼き上げられた陶器で、釉薬の原料である銅は当時貴重品であったことから、最高級品として取り扱われた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/17 11:58
『緑釉陶器』の来た道、八戸市熊野堂遺跡
『緑釉陶器』の来た道、八戸市熊野堂遺跡  この連休中から開催されている「掘りdayはちのへ」発掘資料展を見学するために、初めて八戸市の「是川縄文館」へ行ってきた。  R340笹子交差点から左折して、ウネウネと下る道は相変わらずだが今は上を八戸久慈道という自動車専用道が走っている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/16 12:17
『緑釉陶器』の来た道 野辺地町二十平(はたちたい)(1)遺跡
『緑釉陶器』の来た道 野辺地町二十平(はたちたい)(1)遺跡 <野辺地町二十平(1)遺跡図―同報告書から> ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/14 18:37
『緑釉陶器』の来た道 − 三沢市平畑(1)遺跡
『緑釉陶器』の来た道 − 三沢市平畑(1)遺跡  野辺地から三沢市へ向かう県道野辺地-八戸線を東北町李沢(すももざわ)で大きな坂を下りはじめると前方に小川原湖が横たわってみえる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/13 09:45
越後へ、奥山荘ふたたび
越後へ、奥山荘ふたたび  R8からところどころにチューリップの花がみえるので、富山県にはいり小矢部から砺波へ回り道をした。  田園風景のなかを市街地にあるチューリップ公園へむかうと、「休園中」とフェアは「4月20日〜5月5日」との案内板が立っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/29 12:30
鳥取砂丘へ、「紙漉きの村」黒谷へ
鳥取砂丘へ、「紙漉きの村」黒谷へ  たつの市内を南北に流れる揖保川にそって北にむかう。R179は出雲街道の名があり、国道番号を変えながら岡山県津山市、鳥取県米子市をへて松江市で島根県へ出る古代からつづく道である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/28 13:13
瑜加山と播磨国浦上里
瑜加山と播磨国浦上里  江戸期金毘羅大権現と“両参り”といわれた瑜加(ゆが)大権現へは、丸亀から船にのり、瀬戸内海対岸にある児島(倉敷市)へ海上六里(およそ24km)の道をわたった。  当初は下津井の吹上湊がおおかったが、“両参り”が盛んになる江戸中期からは瑜加山に近い下村湊・田の口湊がにぎわうようになった。もっとも近い田の口湊からは“36丁(およそ4km)”の道のりだった。  瑜加山への参道(瑜加往来)は東西南北に通じていて、大坂方面から海路でくる参詣客は日比湊(玉野市)でおりて参拝にむかうこともあった。 ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/27 13:52
四国へ、金毘羅さんへ
四国へ、金毘羅さんへ 四国へは「しまなみ海道」(西瀬戸自動車道)でわたった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/25 13:45
萩城下と岩国錦帯橋
萩城下と岩国錦帯橋  R9山陰道は日本海に沿い、ときに離れて山間をすすんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/23 15:35
出雲の国へ
出雲の国へ  出雲大社のとなりにある古代出雲歴史博物館からは直接境内にいけるのだが、いったん外にでて参道入口の勢溜(せいだまり)の大鳥居までのゆるやかな上り道を行った。  ここから神門通りがまっすぐな下り坂になっていて遠くまでみえる。大鳥居をくぐっていく参道もまた下っている。つまりここ勢溜は小さな高台になっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/21 11:29
日本三景・天橋立と雨の諸寄海岸
日本三景・天橋立と雨の諸寄海岸  この日は午後から雨になるという。福井市のどんよりとした空を背にR8を敦賀市にむけて早めに出発した。R27にのりかえて小浜もすぎ、ようやく道の駅「うみんぴあ大飯」でひと休み。目の前に半島にわたる赤い橋が長くよこたわっていて、青戸大橋というようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/20 12:12
東尋坊から平泉寺・永平寺へ
東尋坊から平泉寺・永平寺へ  加賀市大聖寺でR8からR305に分岐するころには通勤時間もおわったようで、クルマの流れもすくなくなり車窓から遠くに近くにみえる満開のサクラをみる余裕もでてきた。 この辺りは川や用水堰などの堤に植えられた桜木がおおく市街地のはずれでも目にした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/19 16:09
金沢・兼六園と宮腰湊
金沢・兼六園と宮腰湊  金沢市郊外でR8号と分れて山側環状線にはいり、兼六園まえの駐車場についたのが夕方の5時半をすぎていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/18 18:18
上越市、春日山城跡散策
上越市、春日山城跡散策 国道八号も新潟市内から長岡市の中心部までは交通量も多いが、そこをぬけると山間部になり曽地峠のあたりには雪ものこっていた。郊外店舗がならぶ柏崎市から上越市までは平坦な道がつづく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/17 13:24
胎内市、奥山荘城館遺跡
胎内市、奥山荘城館遺跡 月もかわって四月ともなり、南下する国道七号沿いには積雪もみえなくなり、遠く鳥海山のような高い山が白くなっているだけだった。山形県と新潟県を境する鼠ヶ関を越えると道は海からはなれて山あいの集落をとおる。ここ葡萄地内には、さすがに積雪が道路端にものこっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/16 10:20
去返公嶋子と遠胆沢公母志
去返公嶋子と遠胆沢公母志 残された資料から、8 〜 9 世紀にかけて全国に移配されたエミシの分布状況をみると、陸奥国に隣接する常陸・下野国が多く、また近江・播磨国などには有力なエミシ集団の居住が多くみられる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/29 17:26
亘理郡山元町から角田市へ
亘理郡山元町から角田市へ <亘理郡山元町から角田市マップ> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/22 11:50
中尊寺金色堂前にて
中尊寺金色堂前にて 久しぶりの月見坂はひどく急な上り道で、坂下においてあったスベリ止めの縄が妙に納得させられた。惣門跡の標柱から本坊のまえへ出るとようやくゆるやかになる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/21 12:00
春浅い、もりおか周辺
春浅い、もりおか周辺 盛岡市山岸の「阿弥陀堂跡」の一画にある千手院墓地には、まだまだ長靴が必要なほどの雪がのこっていた。 3月初旬はまだ、盛岡周辺の春は浅い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/20 11:01

続きを見る

トップへ

月別リンク

アラ・ハバキの「道の奥」廻り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる